算命学的な私の自己紹介

あらためまして、はじめまして。算命学気学が大好きなハピたまです。

算命学を学ぶと、自己紹介が出来るようになります(あくまで当社比です。真実のほど、定かではございません。)

本日は自己紹介を兼ねまして、私がどういう人間かをお見知り置きくださいませ。

私の主星は鳳閣星

私の胸の星は、ズバリ鳳閣星ですっ!!

力強く言いましたが、もう一度言いますね。

鳳閣星ですっ!!

なんかもうね、楽しいことが大好きです。

このブログでは自主規制してます。けど、生活の中に笑いをいれることが大好物。夫といる時はほぼ90%の割合で、ふざけてます(司禄星の夫、なぜかお笑い担当。おかげで、我が家は笑いに包まれています)

面白い人が大好きです。頭のネジ外れてる人も大好物です。

数秘術でも楽しいこと大好き、お笑い系のを持っているので、なおさら!

これから別の記事で鳳閣星の特徴を書いていこうと思いますが、鳳閣星さんは

  • 伝達
  • あるがまま伝える
  • バランス感覚抜群、楽しいことが大好き
  • 食べることも大好き
  • 食の神
  • 超がつくほど合理的な部分あり
  • おおらか
  • 無理しない
  • おしゃべり
  • 楽観的

こんな特徴があります。個人的に、楽しいこと大好き、あるがまま伝えたり、合理的な部分があるところはかなり当たっています。

そんな鳳閣星の中の人の趣味は人間観察。算命学を習ってからは、この人はこんな星を持っているだろうと予想することも趣味に追加されました。

実際に生年月日を聞いて、予想が当たっていた時の至福感はたまりません!

頭の位置に石門星さん

そして、頭の位置に、石門星さん。

レッツ仲間作り!の星で、大勢の人とワイワイするのが大好物です。

同じように、石門星さんを持っている人のことが大好きです。石門星さんは社交的で温和で、とても素敵です。

私に初めて算命学を教えてくれたお師匠様もこの星の組み合わせをお持ちです。

初年期に天南星だけど、思い切り陰転してた学生時代

そして、初年期は天南星。が、全くその運勢の強さを実感出来てない暗黒の時代でした(笑)

小学校入学してから、大学を卒業するまでの期間、もうメンタル的な試練が多く発揮されていました。そして、何の才能も発揮出来ず、人生どん底の陰転ぶり。

なのに、大運に天将星・天禄星が回っていたという摩訶不思議な算命学現象。

占いを受けると、必ず、あー才能をたくさん発揮して、ワガママ・幸せな幼少期だったんですね。と言われます。
表面上はそうなんですかねーと優しく微笑んでいますが、

内心、カチンときてます^^

中年期に安定の天禄星

中年期の星は、安定の天禄星。補佐役として最適です。適職にあの星があるので、絶対に有能な秘書になれる自信がございます。誰か、私を雇ってみて!

天禄星は安全&堅実。悠々自適な人生を送る星です。

幼少期の頃は陰転していましたが、中年期の今はとても落ち着いた期間だなと、やっと思えるようになりました^^

算命学と気学を両方見ていくことの大切さ

算命学に出会ったのは、去年の夏。

あるきっかけがあってハマったのですが、私が一番のめり込んだ理由。

それが、なぜ幼少期に大変なことが起こったのか、ということ。

的中率の高さが抜群に高い算命学なら、それが分かるのかもしれない。そう思って、来る日も来る日も、算命学の細かいところを勉強していきました。

けれど、出てくるものは、幸せな幼少期だということ。

なぜわからないのだろう?

自分ではどうも素人判断だし、見つけられないところがあるのかもしれない。そう思って、プロの鑑定士さんに複数回観てもらいましたが、いまいち納得する答えが見つからず。

なぜだろう、なぜだろうと調べていくうちに、気学にたどり着きます。

気学にたどり着いて、やっとわかりました。自分の不運の原因が。

なぜなら、私の今までの引っ越しの方位を調べたら、全部凶方位だったから(笑)

その経験から、算命学も気学も総合的に見ていかないと、謎は解けないものなんだなと分かってまいりました。あくまで、私の場合は、ですが。

ということで、算命学と気学、両方やって人生を良くしていこうと思いつく次第に至りました。

まだまだ勉強中の身ではありますが、算命学は先天的な宿命、気学は後天的な運命(環境)だと感じています。

先天運がどんなに良いものであっても、悪い方位に引っ越しをすることで、運勢が変わることが大いにあるのだと。

と、途中気学に話が脱線しましたが、算命学では自分の本質、先天的な運勢のバイオリズムが分かるので、学んでいてとても楽しいです。

算命学を知ることで、より自分を知りました。今まで自分が嫌いでしたが、とても好きになることができました^^

私の持っている星を今回、3つご紹介しましたが、それ以外の星については、ご想像におまかせします(笑)

正解が分かった方はこっそりメッセージをくださいませ。

ということで、ハピたまを今後ともよろしくお願いいたします☆

ABOUTこの記事をかいた人

算命学×気学の鑑定士です。 ツイッター&インスタグラムでほぼ毎日、日盤吉方位の結果と、星ごとの簡単な開運ポイントを発信しています。 毎日読むだけで開運できます♫ぜひフォローください☆ 鑑定依頼はブログからどうぞ。 30代。夫、息子の3人家族です。